爬虫類好きのための、爬虫類好きによる、爬虫類ペット飼育のおすすめ情報サイト

爬虫類ペット.com

爬虫類の飼育について

エサのダスティングとガットローディングについて

更新日:

ダスティングとは

爬虫類などにエサの昆虫などを与える際に、専用のカルシウム剤をまぶして与えることをダスティングと呼びます。

ビタミンやミネラルなども含まれいるものもあり、エサだけでは不足する栄養素を補ってあげるために行います。

ダスティングのやり方

特に決まった方法があるわけではありません。

カップやビニール袋にカルシウム剤を入れて、その時あげる分のコオロギやワームなどを一緒に入れて振る、というのが一般的なやり方でしょうか。

この場合、余ったカルシウム剤は捨ててしまいましょう。

カルシウム剤は常温で保存すると劣化してしまうので、普段は冷蔵庫に入れておきエサをあげる時に使う分だけの量を出して使うのがもっとも効率的です。

初めは慣れませんが、だんだん適量がわかるようになるので余ることも少なくなっていきます。

野菜にダスティングする際は、1カ所に集中してかけるとその部分を食べ残されたら意味がないので、まんべんなくカルシウム剤をまぶしてあげます。

カルシウムだけのものなら排泄されますが、ビタミンやミネラルが含まれるものは過剰摂取にならないよう、つけすぎないようにしましょう。

カルシウムを入れて

エサを入れて

よくまぶして出来上がりです。

ガットローディングとは

エサとなる昆虫にビタミンなどの栄養を与えて、その昆虫を成体に与える方法のことをガットローディングと言います。

ダスティングだとビタミンやミネラルが過剰摂取になる可能性があるので、直接ではなく、より安全に間接的に、生体に栄養を与えようと薦められている方法です。

やり方はシンプルで、普段エサの昆虫をキープする際に与えているエサにビタミン剤やカルシウム剤をプラスしてあげればよいです。

ストックしているエサの昆虫はきちんとしたを与えていないと、短期間で栄養を失ってしまいます。

場合によってはキープする時に昆虫の隠れ家にしている新聞紙や卵のパックなどを食べてしまっていて、それが間接的に飼育している生体に入ってしまっていることもあります。

エサにもしっかりとしたエサを与えてキープしておくことが大事だと言えます。

 

-爬虫類の飼育について

Copyright© 爬虫類ペット.com , 2019 All Rights Reserved.