爬虫類好きのための、爬虫類好きによる、爬虫類ペット飼育のおすすめ情報サイト

爬虫類ペット.com

アオジタトカゲ トカゲ

アオジタトカゲの飼育方法

更新日:

アオジタトカゲとは

名前の通り、青い舌を持つトカゲです。

生息地:インドネシア、パプアニューギニア、オーストラリア。

食べているもの:雑食。昆虫や小型の爬虫類や哺乳類、花や果実を食べる。

全長:40~70cm。種によってサイズの幅はあります。

活動:昼行性、地上性

繁殖形態:卵胎生

最大寿命:約20年

サイテス:なし

適した飼育環境:やや高温。やや多湿。

アオジタトカゲの購入価格の目安

原産地によって値段が変わります。市場に出回るのはアンボンアオジタトカゲやメラウケアオジタトカゲが多いように見受けられます。

ノーマルタイプで5000〜30000円程度。

珍しい模様やアルビノ個体などは10万円近くまですることもあります。

※アオジタトカゲのアルビノ個体。

スポンサーリンク

アオジタトカゲの飼育に必要な設備・環境

ケージ:横90センチ以上のもの。奥行きも45センチ以上。小型の種は60センチの水槽で良いです。

<<アオジタトカゲのオススメのケージはコレ>>

→Amazonでの購入はこちらから←

床材:誤飲してもいいように細いタイプのものにしてあげてください。

カルシウムサンドは誤飲の影響が低いので良いかもしれません。

→アオジタトカゲのオススメ床材はこちら

水入れ:脱皮前に水につかるので、アオジタトカゲが入れる少し大きめの水容器を用意してあげましょう。

→水容器についてはこちらは

バスキングランプ:ケージの一部照射してホットスポットを作ってあげてください

紫外線ライト:紫外線の出るライトを用意してあげてください。

→アオジタトカゲにオススメな紫外線ライト3選

ヒーター:寒い時期や夜などにケージが冷えないようにヒーターは必要です。

→ヒーターについてはこちら

温度:温度を確認するために温度計を用意しましょう。
クールスポットは24〜27度くらいに保ってあげましょう。ホットスポットは35度前後くらいが良いです。

寒い時期はセラミックヒーターや遠赤外線ヒーターでの保温が必要になります。

夏はクーラーをつけっぱなしにすることになります。これはどの爬虫類においても言えることです。冬も早い話暖房をつけっぱなしにすれば大きな事故は防げます。

湿度:湿度を確認するため湿度計を用意してください。

40〜60%をキープしてあげましょう。夏は高い湿度にならないようにしてください。

アオジタトカゲの餌

主に昆虫類や野菜。果物も食べます。

メインは野菜や果物にして、昆虫はオヤツ程度にします。

餌にはカルシウム剤を添付してあげてください。

幼体時は毎日食べなくなるまで与えて良いです。亜成体以降は2日か3日に1度食べなくなるまで与えると良いです。

あくまで目安なので飼いながらその個体に合った給餌頻度や餌のサイズを模索しましょう。

餌は就寝より3時間以上前にあげてください。食べた後、体を温めれないと消化不良などの原因になります。

病原菌や寄生虫がいる可能性があるので、野外で採集した餌は与えないようにしましょう。

スポンサーリンク

アオジタトカゲ飼育での注意点

・ホットスポットはケージ全体にしないようにしましょう。

・亜成体以降は餌のやりすぎに注意。肥満しすぎると死んでしまいます。

・アオジタトカゲは湿度過多にすると病気になる可能性もあるのでケージ内は乾燥気味にキープしてください。

・脱走には十分注意し、鍵などでしっかり管理しましょう。

・噛みつくこともあるのでハンドリングには注意が必要です。

ケージの掃除などは生体にストレスを与えないように行いましょう。

➡︎爬虫類飼育の掃除、ニオイ対策はこちら

アオジタトカゲの飼育のまとめ

やや攻撃的な面はありますが基本的にはおとなしい性格です。

雑食でなんでも食べ拒食の心配も少なく、湿度も必要ないことから、とても飼いやすいトカゲだと言えます。特にアンボンアオジタトカゲは非常に丈夫で飼育は容易。

飼いやすさ:★★★★★
コスト:★★★

気性:やや攻撃的
入手難度:普通
(5段階評価)

※野菜とフルーツを食べるアオジタトカゲ。

-アオジタトカゲ, トカゲ

Copyright© 爬虫類ペット.com , 2019 All Rights Reserved.