爬虫類好きのための、爬虫類好きによる、爬虫類ペット飼育のおすすめ情報サイト

爬虫類ペット.com

日本に生息する爬虫両生類

日本に生息する爬虫類、両生類<カメ編>

更新日:

海外の爬虫類が色鮮やかで人気ですが、日本に生息する爬虫類もちゃんと魅力があります。

そんな日本に生息する爬虫類、両生類をご紹介したいと思います。

今回はカメ編です。外来生物はのぞいてもともと日本に生息しているカメのみピックアップしました。

クサガメ

最大甲長30cm
サイテス:III類
クサガメの名前の由来は、クサガメが怯えると発する刺激臭の臭い匂い。「臭いカメ」という意味でつけられました。日本各地に幅広く生息しています。開発などによる生息環境の破壊、人間による乱獲でその数は激減しています。

ニホンイシガメ

最大甲長22cm
サイテス:II類
名前の通り日本固有種のニホンイシガメ。飛び石的に分布していて、生息していない地域も多い。メスの方が大きくなる。オスの1.5倍ほどメスの方が大きい。やや流れのある水の綺麗な場所を好むニホンイシガメは環境破壊により生息環境が減少して数を減らしています。

シナスッポン

最大甲長40cm
サイテス:III類
ロシア南東部、東南アジア、中国、韓国、台湾、北朝鮮、日本と幅広く生息します。ごく稀ではありますが甲長が60cmを超える個体もいます。触ると自己防衛のために噛み付いてくるので注意が必要です。ご存知の通り食用にされることも多いスッポンは高級食材で、その味はとても美味。

セマルハコガメ

最大甲長20cm
サイテス:II類
石垣島、西表島に生息しています。セマルハコガメは中国にも分布していますがそちらはチュウゴクセマルハコガメで日本のものはヤエヤマセマルハコガメと呼ばれ日本の固有種です。セマルハコガメは国の天然記念物に1972年に指定されました。現在は絶滅危惧種になっています。

リュウキュウヤマガメ

最大甲長16cm
サイテス:II類
沖縄諸島の沖縄本島、久米島、渡嘉敷島にだけ分布する日本固有種。雑食性で植物の実、ミミズ、昆虫類、陸産貝類などを食べています。地上性のヤマガメで、1975年に国の天然記念物に指定されました。セマルハコガメ同様、絶滅危惧種。近年、沖縄本島では林道開設によって、天敵のマングースや野生化したイヌやネコが生息地に容易に侵入できるようになったため、リュウキュウヤマガメの存在を脅かしているそうです。

ヤエヤマイシガメ

最大甲長20cm
サイテス:II類
八重山諸島に生息する日本固有種。
外来生物であるミナミイシガメの亜種。
夜行性の傾向が強く、日中は水底の泥や穴に潜んでいます。
雑食で魚、昆虫、水草、陸の植物などいろんなものを食べます。

アカウミガメ

最大甲長100cm
サイテス:I類
大西洋、太平洋、インド洋、地中海と温帯から亜熱帯の海洋に幅広く生息するウミガメ。植生は動物食傾向の強い雑食。魚類、貝類、甲殻類、海藻、棘皮動物、海綿動物など様々なものを食べています。漁業による混獲、環境破壊による産卵地の減少などでその数は減少しているとされています。絶滅危惧種に指定されており、1981年にはウミガメ科は全てサイテスI類になりました。

アオウミガメ

最大甲長110cm
サイテス:I類
太平洋、大西洋、インド洋の熱帯から亜熱帯にかけての海洋に生息。草食のウミガメで、海藻や海草を食べる。アオウミガメも絶滅危惧種。日本ではアオウミガメという名前ですが、英名は「Green Sea Turtle」。野生化では80年生きるとされています。

クロウミガメ

最大甲長80cm
サイテス:I類
メキシコ東部、ガラパゴス諸島、ハワイなどの東太平洋沿岸の熱帯、温帯の暖かい海洋に生息。草食のウミガメで、海草、海藻を食べます。日本の海で見られることはほとんどありませんが沖縄の海でまれに泳いでいることもあるようです。またクロウミガメを飼育している水族館は日本では数少なく数える程しかない。

ヒメウミガメ

最大甲長70cm
サイテス:I類
インド洋、大西洋、太平洋の熱帯の海洋に生息。絶滅危惧種。日本の海には迷行して時より見られる程度なので生息しているとは言い難い。植生は動物食で甲殻類や軟体動物を主に食べる。大群で散乱するために上陸する「アリバダ」という現象を起こすことがある。

タイマイ

最大甲長110cm
サイテス:I類
太平洋、大西洋、インド洋の熱帯や亜熱帯のサンゴ礁が発達した海洋に生息。食性は動物食で、海綿動物のカイメンを主食とし、柔らかいサンゴ、甲殻類、棘皮動物、藻類なども食べる。1993年まで日本はべっこう細工の原料としてタイマイの甲板を輸入していました。現在は絶滅危惧種になっています。

オサガメ

最大甲長180cm
サイテス:I類
太平洋、大西洋、インド洋、地中海の熱帯から温帯の外洋に生息。世界最大のカメ。主食はクラゲで、そのほかに軟体動物、甲殻類、魚類、藻類、棘皮動物なども食べる。日本で2002年に奄美大島で産卵したこともある。
→オサガメの記事はこちら

-日本に生息する爬虫両生類

Copyright© 爬虫類ペット.com , 2019 All Rights Reserved.