爬虫類好きのための、爬虫類好きによる、爬虫類ペット飼育のおすすめ情報サイト

爬虫類ペット.com

アオジタトカゲ ケージ トカゲ

ボールパイソンのケージ選びは?飼育に適した水槽3選

投稿日:

ヘビのケージ選びには「とぐろ3倍サイズ」という教科書通りのサイズがあります。
ボールパイソンがとぐろを巻いた時の3倍くらいのサイズが適しているということです。そこまで細かく測る必要はありませんが大体の目安にすると良いと思います。

私の飼育しているボールパイソンは3倍サイズよりやや幅は小さいですが、その分高さのあるケージで飼育しています。ボールパイソンは木に登ったり木の上で寝たりするので高さのあるケージを選んだ方が観察の楽しみが格段に上がります。

1:ニッソー WILDPLANETケージWP660

最初の紹介はコレ。
「ニッソー WILDPLANETケージWP660」がサイズ的にもかなりいい感じです。

幅61cm×奥行41.5cm×高さ60.5cm

幅と奥行は少し物足りない気もしますが、高さがしっかりとあるのでこのケージならボールパイソンの立体活動も充分に楽しめるはずです。お値段もお手頃でかなりおすすめ。

商品の詳細はこちら

2:ジェックス エキゾテラ グラステラリウム 9060

「ジェックス エキゾテラ グラステラリウム 9060」はサイズ的にはベストと言えるかもしれません。

幅91.5cm×奥行46.5cm×高さ62.5cm

コレくらいのケージで飼えれば、存分にボールパイソンの飼育が楽しめると思います。高さ、幅ともに申し分なしのケージです。

商品の詳細はこちら

3:ジェックス エキゾテラ グラステラリウム 6045

2の水槽の一回り小さいサイズ。このサイズでも十分ボールパイソンの終生飼育は可能。

幅61.5cm×奥行46.5cm×高さ48cm

商品の詳細はこちら

→ボールパイソンの詳しい飼育方法はこちら

 

-アオジタトカゲ, ケージ, トカゲ

Copyright© 爬虫類ペット.com , 2019 All Rights Reserved.