爬虫類好きのための、爬虫類好きによる、爬虫類ペット飼育のおすすめ情報サイト

爬虫類ペット.com

爬虫類の飼育について 種別の基本的な飼い方や個体の選び方

樹上性トカゲの基本的な飼い方

更新日:

樹上性トカゲとは

基本的に木の上で生活するトカゲ。

地上にもたまに降りてきますがほとんど樹に登っています。

特徴としては尻尾がとても長く、樹に捕まるために爪も鋭く手足も長めな種が多いです。

また「クレスト」と呼ばれるものが首回りから背中にかけてあることも多いのが特徴です。

湿度が必要な種が多かったり、ケージに高さも必要で登り木なども組んであげなければいけないため、飼育難易度は地上性のトカゲより高め。

※非常に美しいアオキノボリアリゲータートカゲ、通称アブロニア。

購入の際の個体の選び方

樹上性トカゲはケージに高さが求められます。

購入する前にその個体が最終的にどのくらい大きくなるのかをよよく調べて購入しましょう。

見た目が健康そうで、触ろうとするとグッと胸を張ってくるような元気な個体が良いです。

痩せている個体は避けましょう。

腰骨が浮いているような個体を購入しないようにしてください。

やはり食いっぷりの良い個体を選ぶのがいいです。

ショップでそれを確認してからお迎えしてあげるのがいいです。

また生後間もないベビーはなるべく避けたほうが無難です。

温度管理や湿度管理、餌付けなどがシビアです。

特に爬虫類飼育に慣れてない方はヤングかアダルトのエサ食いの良い個体を選ぶのが良いでしょう。

ケージと床材について

樹上性のトカゲはケージ選びで重要となるのは高さです。

しかし市販で売られているケージではなかなか高さのあるケージがありません。

市販のものは高さ60センチがほとんど限界です。大きな鳥かごなどで飼うのも一つの手です。

小型のトカゲなら高さ45センチ程度のもので良いのですが、中型以上の樹上性トカゲを飼うとなると高さは最低でも60センチは欲しいところです。

私はエメラルドツリーモニターを飼育するために、横90センチ、奥行き45センチ、高さ90センチの水槽を特注で作ってもらいました。

国内で売られている樹上性トカゲはそのほとんどが森林性なので、床材は保湿能力の高いものを選ぶと良いでしょう。

※海外のモリドラゴン飼育者のケージ。動物園レベルのクオリティーです。

スポンサーリンク

登り木について

樹上性トカゲはその個体によって好む登り木が異なります。

平行に近い木が好きな横止まりのタイプ。垂直に近い木が好きな立て止まりのタイプ。斜めの木が好きな斜め止まりのタイプと種類や個体によって好みが分かれます。

登り木の太さはだいたいその個体の胴体と同じくらいの太さが目安です。

どういった角度の登り木を好むかわからない時は1回いろんな角度に組んでみてどの角度の木によく止まるのかを見てみると良いでしょう。

紫外線ライトの選び方

イグアナやバジリスク、ホカケトカゲ、アノールは強めの紫外線が出るライトが必要になりますが、それ以外の種は弱めのもので良いです。

森林性のトカゲは明るい環境を好まない傾向があるので必ず日陰も設けてあげましょう。

→ライトについてはこちら

保温と保湿

イグアナには高温のバスキングランプが必要ですがそれ以外の種は、

遠赤外線ヒーターやセラミックヒーターなどで全体をほんのりと温めてあげるのが良いです。

夏はクーラーをつけっぱなしにすることになります。これはどの爬虫類においても言えることです。冬も早い話暖房をつけっぱなしにすれば大きな事故は防げます。

爬虫類飼育全般に言えますが、樹上性トカゲの飼育管理で大変なのは保湿です。

蒸れる環境を嫌うので通気性もよく、高湿度をキープするのがなかなか難しいです。

特に冬場に暖房をつけていると湿度が30%くらいになるので十分に湿度には気を配ってあげたいです。

夏はクーラーをつけても50%以上になっていることが多いので夏場の湿度管理は楽です。

湿度のキープは霧吹きをこまめに行うことが一つの方法です。

私が樹上性トカゲの湿度管理でしていることは、

・加湿器を使う

・朝と晩にかなりの量の霧吹き。

・夜に床材に水をたっぷり含ませる

・大きめの水容器を設置

などの湿度維持の努力はしていますが冬はそれでも湿度の管理が大変です。

いろいろな工夫が必要となるでしょう。

→ヒーターについてはこちら

スポンサーリンク

水の与え方

樹上性トカゲを飼育していて状態を崩す一番の理由が「水切れ」です。

国内で売られている樹上性トカゲのほとんどが森林に生息している種で、多湿な環境を好み、水を驚くほど飲みます。

しかし樹上性トカゲの多くは動いている水にしか気づきません。

不活発で木にしがみついてじっとしているタイプの種には上からたらすドリップ式のものが良いでしょう。

地面にも降りてくるタイプには少し大きめの水容器でエアレーションして水を動かしてあげましょう。

スポイドや霧吹きで直接与えるのも確実な方法です。

→水容器についてはこちらは

主なエサと与え方

イグアナとオマキトカゲは完全な草食。ホカケトカゲも草食傾向が強いですが昆虫も多く食べます。その他の種は昆虫がメインになります。

餌を与える際には基本的にカルシウム剤をダスティングしてあげます。→ダスティングのやり方

餌を与える方法はピンセットなどで直接あげる、餌入れに入れて置く、ケージ内に放虫するなどの方法があります。

食べた量をしっかり確認できるのでピンセットなどで直接与えるのが理想ですが、食べない場合は置き餌や放虫になります。

樹上性なので置き餌や放虫と言っても地面に餌を用意しても気づかないので地面に降ろしてあげて置くか、いつもよく止まっている木にエサ箱を設置するなどの工夫が必要です。

入り組んだレイアウトなどを組んでいると虫が隠れたりするのでできれば餌を食べているかはその目でしっかり確認するのが良いでしょう。

コオロギは放虫したまま食べ残して放置すると夜間寝ているトカゲに噛みついたりするので、必ず取り除いてあげましょう。

ベビーサイズのトカゲにコオロギを与えるときはコオロギのトゲトゲした後ろ足を取ってから与えてあげましょう。

給餌の頻度は基本的にはベビーの頃は毎日1回食べなくなるまで与えます。

ある程度育ってヤングサイズになったら、週に2日ほど与えない日を作ります。

成体になったら3日に1度程度にして肥満を予防しましょう。

もちろん痩せ過ぎもよくないので、太り具合を見ながら適量をしっかりと見極めていくことが大切です。

→ウォータードラゴンの飼育方法はこちら

→エリマキトカゲの飼育方法はこちら

→エメラルドツリーモニターの飼育方法はこちら

→コバルトツリーモニターの飼育方法はこちら

-爬虫類の飼育について, 種別の基本的な飼い方や個体の選び方

Copyright© 爬虫類ペット.com , 2019 All Rights Reserved.